Itami Church, United Church of Christ in Japan
 
2018年度の標語・聖句
標語「主の身体である教会を、隣人と共に形成しよう。」
                 
聖句「神に近づきなさい。そうすれば、神は近づいてくださいます。」
                 − ヤコブの手紙4:8
  集会案内
・日曜学校(礼拝式)   日曜 午前9時30分
 幼児から高校生までのみなさんと礼拝式を守り、その後に聖書の学びや工作などをします。教会で宿泊したり、夏にはキャンプへ出かけたりと、元気な子どもたちと活動をしています。

・聖日礼拝式        日曜 午前10時30分
  聖日の礼拝式では、神を讃美し、聖書の言葉の解き明かしを
牧師の言葉を通して学びます。そして、共に祈ります。
心の平安とやすらぎを週のはじめに神様からいただきます。

・聖日祈祷会        日曜 聖日礼拝式後
  礼拝後に静かに黙想の時を持ちます。 

・聖書を学び祈る会    木曜 午後1時30分
 聖書を読み、牧師から解説を聞き、祈りの時を持ちます。質問や話し合いをすることで、学びや交わりがより深まります。

・受洗準備会        対象者に合わせて随時


  2018年度第一回教養講座
「最後の晩餐」と「食」の美術
        講師:宮下規久朗 先生
        (神戸大学大学院人文学研究科教授)
 日時:2018年6月17日(日) 13:00〜14:30
 場所:日本キリスト教団 伊丹教会礼拝堂

○講師紹介
 1963年生。名古屋出身。神戸大学大学院人文学研究科教授、美術史家。専門はイタリア17世紀バロック美術。とくにカラッヴァジョ。イタリア・ルネサンス美術だけでなく、近現代美術についても造詣が深い。東京大学大学院人文科学研究科修了。兵庫県立近代美術館学芸員、東京都現代美術館学芸員を経て、1995年神戸大学文学部助教授、2013年から現職。2005年第27回サントリー学芸賞を受賞。




 ご案内

 教会では、教会教養講座、女性会、男子会、青年会など年齢やそれぞれの関心に合う集まりが開かれています。ぜひ、私たちの活動にご参加下さい。

 教会までの地図
伊丹教会の十字架です。「・・・夕焼けの中に美しく輝く教会の十字架が何とも言えなくて、自分の住まいのバルコニーから写真をとりました」というお手紙がついていました。連絡先がわからず、直接お礼をお伝えすることが出来ないため、この場をかりてお礼申し上げます。「これが伊丹教会の十字架?!」と、教会で話題になっています。